住所:埼玉県上尾市愛宕
2-19-19

住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和4丁目6-3 シャンフレア北浦和101

住所:埼玉県草加市氷川町
2130-8

スタッフブログ

腰痛って?(上尾市 愛宕)

腰痛って?(上尾市 愛宕)

こんにちは。あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院です。

 

暑い日がまだまだ続きそうですが、いかがお過ごしでしょうか?

最近、あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院で多くみられるのが腰痛を訴える患者様です。

腰痛は、痛みを訴える中でも特に多く、

腰痛とイメージすると高齢者や長時間のデスクワークをしている方が訴えるイメージがあるかもしれませんが、

最近では、小中学生でも腰痛を訴え、あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院を来院するケースもあります。

 

 

ある日突然痛みが発症する場合や、治ってもまた痛みがぶり返す場合、長年続く痛みでもう癖になっているからと諦めてしまっている場合など、

腰痛というだけで厄介なイメージがあるかもしれません。

 

では、なぜこうした様々な症状が出るのか、腰痛について詳しくお話ししていきたいと思います。

 

 

腰痛

 

腰痛と一括りにいってもその中の原因は様々です。

 

そもそも腰痛を訴え、病院や整形外科を受診し、レントゲンやMRIなど所謂画像検査をしても、

腰痛の原因を特定できるのは、15%と言われています。

残りの85%は、なぜ腰痛が起こっているのか特定できないと言われています。

 

私たちは、この原因の特定できる腰痛を特異的腰痛原因の特定できない腰痛を非特異的腰痛と呼びます。

 

 

よく整形外科や病院で検査するレントゲンに写るのは、主に骨になります。

ぎっくり腰や坐骨神経痛など痛みの原因となる筋肉や軟骨、神経などの組織は、レントゲンでは見えにくく、骨に異常がなければ腰痛の原因を特定するのは難しくなります。

一方MRIは、筋肉や軟骨など写すことが出来るので、診断の参考にはなりますが、痛みのある場所を完全に特定するまでには至らないため、

医学的に腰痛の原因を特定するのは難しくなります。

 

 

特異的腰痛

 

先程もお話ししたように腰痛の約15%は、腰痛の原因が特定できる、特異的腰痛と言われています。

 

代表的なのが、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症です。

この他にも内臓疾患や細菌の感染症、外傷や血管の病気などでも腰痛を引き起こす場合があります。

 

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症は約45%、圧迫骨折は約4%、感染性脊椎炎や癌の脊柱転移は約1%、解離性大動脈瘤や尿路結石などの内臓疾患は約1%未満と言われています。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアは、

背骨と背骨の間にある椎間板という中がゼリー状になっている軟骨から、何らかの原因で外に飛び出してしまい、神経を圧迫し、腰や足に痛みやしびれを引き起こします。

 

腰部脊柱管狭窄症は、

神経の通り道である脊柱管が圧迫され、狭くなることで、神経を圧迫し、足のしびれや痛みを引き起こします。

高齢や加齢により起こることが多く、現在では高齢者の10人に1人が患っていると考えられています。

特徴的な症状は、間欠破行です。

歩行時や起立時に足に痛みやしびれを感じますが、立ち止まってしばらく休むと、また少し歩けるようになる症状のことをいい、狭窄症の方によく見られる症状になります。

 

 

非特異的腰痛

 

残りの85%は腰痛の原因が特定できない腰痛といいましたが、

よく聞くぎっくり腰、いわゆる急性腰痛繰り返し起こる腰痛慢性腰痛などがこれに当てはまります。

 

非特異的腰痛の原因はさまざまで、複合的に影響して腰痛が生じていると考えられます。

 

 

姿勢のゆがみ

 

腰痛の大きな原因のひとつが『姿勢のゆがみ』になります。

あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院に腰痛を訴え来院される患者様の多くは、この『姿勢のゆがみ』から腰痛を悪化させている方が多くいらっしゃいます。

 

普段何気なくしている姿勢。

ふと鏡を見た時やカメラで写真を撮った時などに気になった方もいるのではないでしょうか。

 

特に長時間同じ姿勢、座っていたり、立っていたりすると段々と姿勢が崩れ、自分の中での座りやすい、立ちやすい格好になってしまうことが多いです。

 

座っている姿勢では、立っている姿勢より1.4倍も腰に負担がかかっているというデータもあります。

 

デスクワークや在宅ワークなど長時間同じ姿勢でいることが多い方は要注意です。

 

日常的に同じ動作を繰り返す

 

また、お仕事や通学通勤などでいつも同じ側に鞄を持ったり、同じ動作を繰り返していたりすると、

常に同じ所に負担がかかり、同じ動作を繰り返すことで、負担が蓄積され、筋肉が緊張し、関節の動きが悪くなります。

そうすると、神経や血管を圧迫し、痛みを引き起こす原因のひとつにもなります。

 

ストレス

 

実は、ストレスも腰痛の大きな原因のひとつになります。

 

職場や家庭内でのトラブルなど、何らかの原因で精神的にストレスがかかると、

自律神経のうちの交感神経が強く働き筋肉を緊張させ、無意識のうちに腰に負担がかかってしまうことで引き起こされます。

 

例えばですが、お休みの日になると腰痛が気にならない、友人や家族と遊びに行ったりリフレッシュしている時は腰痛を感じない、

学生だと受験シーズンになり受験勉強で忙しくなると腰痛を訴えるなど、、、

 

精神的なストレスから身体に負担がかかり腰痛を引き起こすこともあります。

 

また精神的なストレスだけでなく、

環境のストレス、寒い冬になると急に気温が下がり、筋肉が冷え、負担になったり、

職場や学校、家庭内の環境、ベッドや枕、靴を新しくした、職場のデスクが変わった、在宅になり家で仕事をするようになったなど

環境や物理的なストレスも原因のひとつになりえます。

 

また、現代では、パソコンやスマホなど長時間画面を見ることが増え、

画面から入る光が交感神経を優位にし、無意識のうちに体の負担になり、緊張が生じている場合もあります。

 

インナーマッスル

 

先程お話しした、姿勢のゆがみや日常的に同じ動作を繰り返すことが多い方は、

特にこの『インナーマッスル』が低下している恐れがあります。

 

筋肉は主に大きく分けてアウターマックスとインナーマッスルに分かれます。

 

主にアウターマッスルは、運動するときに使われ、

インナーマッスルは姿勢を維持したり支えたりするときに使われます。

 

長時間同じ姿勢をとっていると段々と姿勢が崩れてしまい腰に負担がかかり腰痛を引き起こしてしまう方や、

お仕事や作業で同じ動作を繰り返し行うことで腰痛を引き起こしてしまう方は、

このインナーマッスルが低下しているか、上手く機能していない可能性があります。

 

インナーマッスルは主にバランスをとる動作の時によく使われ、例えばサーフィンやヨガ、ピラティスなどを行うと良いとされています。

 

あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院では、このインナーマッスルを鍛えることができる特殊な機械、楽トレというのがあります。

腰痛で悩まれている方、特にこのインナーマッスルが気になる方は、ご自身のインナーマッスルがどれぐらいあるのか確認することもできるので、ぜひ、ご相談ください。

 

あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院では、患者様の身体がどんな状態なのか、しっかりお話をお聞きし、痛みやつらさの原因を根本から追求、改善し、繰り返さないためにも最後までサポートしていきますので、いつでもご相談ください!

 

 

 

 

 

HP→https://ageo-zero.com

腰痛の症状ページ→https://ageo-zero.com/syojyo/youtuu/

 

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE
  • 詳しい店舗情報はこちら

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分
  • ゼロスポ鍼灸整骨院【北浦和】
  • LINE
  • 詳しい店舗情報はこちら

診療時間

住所
〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4丁目6-3 シャンフレア北浦和101
アクセス
JR北浦和駅 西口より徒歩2分
  • ゼロスポ鍼灸整骨院【草加】
  • 詳しい店舗情報はこちら

診療時間

住所
〒340-0034
埼玉県草加市氷川町2130-8
アクセス
草加駅から徒歩2分