診療時間

スタッフブログ

椎間板ヘルニアとは(上尾市 愛宕)

椎間板ヘルニアとは(上尾市 愛宕)

こんにちは!

 

上尾市 愛宕 上尾運動公園前 鍼灸・整骨院/整体院です!

 

近年、腰痛は国民病であり男性においての有訴率は第1位、女性の場合は肩こりに次ぐ第2位となっています。

なお、経済損失額は年間3兆円と言われるほど、深刻になっています。

腰痛が悪化してくると骨や椎間板などの変性をきたし、椎間板ヘルニアや狭窄症などになったりします。

今回上尾市 愛宕にお住まいの皆さんも一度は聞いたことのあるヘルニアについてご説明していきます。

 

 

ヘルニアの起こる仕組み

 一つ一つの椎間関節の動く範囲は極めてわずかです。しかし、前後左右上下の動きに加えて、捻れることも可能な、自由度の高い関節です。

 

 椎間関節における動きは、たとえわずかであっても全てが前方に位置する椎体に伝えられ、その椎体の上下で位置する椎間板が動きを受け止めてます。

 日常生活では、床から物を拾い上げる時、何か遠くにある物を取る時など、頻繁に脊柱を曲げています。

 脊柱を曲げるということは、椎間の前方が圧縮され、後方は拡がります。この時、椎間板の中心に位置している髄核には後方へ押し出されるような力が働きます。

 

 脊柱を伸ばす時には、逆に前方へ押し出されるような力が働きます。

 また、日常生活では、脊柱を単純に曲げ伸ばしするだけの動作は少なく、曲げ伸ばしに横に傾けり回したりする動作が加わる場合がほとんどです。

 ここの複雑な動きにより、椎間の圧縮はさらに高まります。一回一回の曲げ伸ばしによる圧縮による負担は小さくても、何年も続いて繰り返されると、椎間板の耐久性は徐々に低下し、ある日突然、髄核が線維輪を飛び出します。これがヘルニアと呼ばれるものです。

 

 また、椎間板のみずみずしさ(高い含水率)は、加齢に伴い著しく低下します。ところが高い含水率は、より高い内圧を生み出すという矛盾を生じさせます。

 このため椎間板ヘルニアは活動性の高い若年層にも頻繁に発生します。

 まとめると椎体と椎体のクッションで曲げ伸ばしと捻り動作を長年繰り返すと組織の耐久性がなくなり、特に曲げる動作がヘルニアを誘発しやすくなります。また、加齢に伴い椎間板のみずみずしさが低下します。そのために高齢者は高い確率でなりやすいです。ところが活動性の高い若年層にも頻繁に発症します。年齢関係なく身体のケアは必要になります。

 

 特に腰痛があって猫背だなと思っている人、気になる人はお気軽に

上尾市 愛宕 上尾運動公園前 鍼灸・整骨院/整体院にご相談ください。

 

公式HPは→こちら

ヘルニアについての症状ページは→こちら

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分