診療時間

スタッフブログ

レントゲンで異常が無い腰痛の原因は、たったこれだけ(上尾市 愛宕)

レントゲンで異常が無い腰痛の原因は、たったこれだけ(上尾市 愛宕)

こんにちは!

 

上尾市 愛宕 あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院です。

 

 

腰痛にはさまざまな種類があります。

レントゲンに原因が映るものもあれば、映らないものもあります。

今回のブログはレントゲンに映らない腰痛をまとめたのでご紹介していきます。

 

▶︎レントゲンで異常が無い腰痛の原因は、たったこれだけ

結論は次の4つです

・筋筋膜性腰痛

・椎間関節性腰痛

・椎間板性腰痛

・仙腸関節性腰痛

 

それぞれ解説していきます。

でもその前にこの4つである理由から。

 

 

 

レントゲンで写るものとは?

基本的には骨や金属です。

腰痛ではレントゲンで異常がわかるものは特異的腰痛と言います。椎間板ヘルニアや狭窄症などの疾患が代表的です。

そしてレントゲンに写らない腰痛がこれからご説明する非特異的腰痛です。

下記はそれぞれの割合の参考サイトです。

≫厚生労働省”腰痛対策”

 

85%の割合で腰痛は画像診断で結果が判断できません。

この非特異的腰痛が上記4つの分類分けができるのでそれぞれ説明させていただきます。

 

 

✅筋筋膜性腰痛

次のような方はこの腰痛に当てはまります。

・体をよく使う

・重いものをよく持つ

・長時間の不良姿勢

・背中あたりまで広範囲で重だるい

 

こんな感じです。筋膜・筋肉が疲労により悲鳴をあげている状態です。

特にポイントは

夕方や夜などの時間帯、日中に体を使うとどんどんと辛くなります。

 

朝起きると、症状は緩解傾向です。

 

 

 

✅椎間関節性腰痛

・長時間立っている

・体を捻ったり反らせたりをよくする

・腰のピンポイントからじわっと痛む

・お腹がぽっこり出ている

 

ポイントは

座ると楽

ということです。背骨の1箇所に体重が集中しています。

 

 

 

✅椎間板性腰痛

・朝が一番痛く、日中はわりと平気

・腰骨の高さあたりが広範囲で痛い

・歩いている時によくつまづく

・普段体はあまり動かさずほとんど座っている

 

ここの一部が破綻してくると、ヘルニアになります。

ポイントは

朝が痛く、顔を洗うための前屈みが辛い

ということです。

 

 

 

✅仙腸関節性腰痛

・尾骶骨のあたりがピリピリと痛い、または違和感

・座る時間が長くなるとどんどん痛くなる

・立ち上がる時が辛い

・よく床座りで生活している

 

あまり聞きなれない関節ですが、足と体をつなぐ大切な関節です。

ポイントは

動き出しのピリッ・ズキっとくる痛みです。

 

▶︎まとめ

いかがでしたか?

レントゲンで異常が無いのに腰痛になる原因はなんだろう?とお悩みになっている方はそれぞれ分類分けできます。

特に上記の内容での発祥理由に共通して言えることは姿勢と姿勢を支える筋力の低下の問題です。

≫腰痛に対してのセルフストレッチ

≫腰痛に対しての治療

 

ストレッチや運動をしてみても辛い・症状の強い腰痛は

上尾市 愛宕 あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院までご相談ください!

公式HPは→こちら

 

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分