診療時間

スタッフブログ

【セルフチェックあり】ヘルニアの症状とは?(上尾市 愛宕)

【セルフチェックあり】ヘルニアの症状とは?(上尾市 愛宕)

こんにちは!

 

あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院です。

 

今回はヘルニアについてまとめていきます。

最後にセルフチェックも載せますので、ぜひご一読下さい。

▶︎ヘルニアの症状とは?

まずはヘルニアについてご説明させていただいます。

 

≫ヘルニアとは?

体内の臓器や組織が本来あるべき位置から逸脱してしまった状態を指します。

一番有名なのは椎間板ヘルニアだと思いますが、他にも鼠径ヘルニア(脱腸)や臍ヘルニアなどがあります。今回はその中で椎間板ヘルニアについてご説明していきます。

 

ー椎間板ヘルニアー

☑︎どんな病気?

椎間板は背骨のクッションの役割を果たしています。椎間板内部には、髄核と言われるゲルのような組織がありますが、その組織が椎間板から脱出して症状をきたしたものを椎間板ヘルニアと言います。

 

☑︎どんな症状?

髄核が脱出して、後部にある神経に触れてしまうと、首・肩、腰痛と合わせて手や臀部や足の痺れや痛みを伴います。腰椎椎間板ヘルニアではぎっくり腰のように強い腰痛に襲われ、その腰痛が緩解するのと反比例して臀部や足に痺れや痛みをきたす場合もあります。

 

☑︎痺れや痛みが出る範囲は?

これはヘルニアになった場所により異なります。

頚椎ヘルニアの場合は、頚椎4番〜6番の間で好発します。この場合、障害される神経は肩から手全体を支配している神経なので、その支配神経下で痺れや痛みが発生します。

 

☑︎どんな人がなるの?

好発年齢は一般的に50代がピークとされており、20〜60代の間でよく起こります。

男性の方が女性よりも罹患率は2倍となります。

肉体労働をされている方よりも、デスクワークの方でよく起こります。

 

※緊急性があるヘルニアに関して

腰椎椎間板ヘルニアにおいて、上述した症状以外に尿もれや頻尿、便の排出が困難などこれらを総称して膀胱直腸障害と言いますが、稀にこういった症状を併発するケースがあります。

膀胱直腸障害が出ている場合は、脊椎疾患においてかなり症状が進んでいる可能性が高くあります。こういった場合は緊急で手術を行うこともありますので、もしヘルニア+膀胱直腸障害が発生している方は、早めに専門機関へ受診しましょう!

 

▶︎腰椎椎間板ヘルニアのセルフチェック

今回は腰椎椎間板ヘルニアのセルフチェックです。

ではいってみましょう。

 

 

☑︎腰痛がある

☑︎前屈みをした際に腰痛がある

☑︎足に痺れや痛みが出る

☑︎朝の起き上がりに腰に痛みが出る

☑︎お尻や股関節付近に痛みや痺れがある

☑︎足が上げにくい、爪先立ちや踵歩きができない

☑︎長く歩いていると痺れちゃ痛みが出る

☑︎の個数は生口ありますか?

0  :腰の状態は問題ありません。このままのお体をキープしましょう

1〜2:椎間板ヘルニアの予備軍かもしれません。

    初期症状を見逃さないようにしてください。

3以上:椎間板ヘルニアの可能性があります。なるべく早めに専門機関へ受診しましょう。

 

▶︎まとめ✍️

いかがでしたか?

現在生活習慣の変化によりヘルニアは若年層でも起こるとされています。

若いから と言う理由で足や臀部、背中や手の痺れを放置してしまうと、後々厄介なことになる可能性もあります。

もし、上尾市 愛宕で上述した症状や違和感がありましたら、お気軽にあげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院にご相談ください。

 

ヘルニアの症状ページは→こちら

公式HPは→こちら

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分