診療時間

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 重いものを持ち上げた拍子に腰がギクッとなった
  • クシャミをしたら、急に腰が我慢ができないほど痛くなった
  • 前屈や上体そらしの姿勢がまったくできない
  • ぎっくり腰が原因で痛くて睡眠不足になってしまった
  • いつの間にかよくなるが、何回もぎっくり腰を経験してクセになっている

ぎっくり腰とは?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

「ぎっくり腰」というのは俗称で、正式名称は「急性腰痛症」です。

ぎっくり腰は、以下のような特徴を持っているのが一般的です。

  • ・いきなり発症する
  • ・静かにしていないと痛みが増す
  • ・10日前後で自然によくなることがほとんどである
  • ・病院の検査(MRIやレントゲン)では特に異常が見られない

ぎっくり腰は、ドイツなどでは、「ヘクセンシュス(魔女の一撃)」とも言われています。

いきなりギクッとかピキッとか来るので、魔女が悪さをしたというのは言い得て妙ですね。

直接命にかかわることはないですが、ぎっくり腰になると、激しい痛みに耐えなければいけません。

なかなか辛いものですよね。

ぎっくり腰の原因とは?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

ぎっくり腰になるメカニズムは、現在の医学ではきちんと解明されていません。

そうはいっても、直接の引き金になるのは、腰付近の関節・筋肉の炎症や捻挫であるといわれています。

ぎっくり腰というと、床に置いてある重いものを持ち上げた拍子になることが多いイメージがあるかもしれません。

しかし、ちょっとした拍子(クシャミや腰を少しひねった程度)でぎっくり腰になってしまうこともあるので、あなどれませんね。

ぎっくり腰を放置すると?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

ぎっくり腰の厄介な点は、何度も繰り返してクセになりやすいことでしょう。

1~2週間経つうちに症状が軽減することがほとんどですが、ひと月以上も痛みが続くケースや、腰だけでなく足まで痛みやしびれが広がっているときは要注意です。

ぎっくり腰ではなく、じつは圧迫骨折・腰椎間板ヘルニア・神経障害などであり、これらを放置してひどくなっていることも考えられます。

圧迫骨折などはMRIやレントゲン検査で診断がつきますから、ぎっくり腰だと自己判断してそのままにせず、少しでもおかしいと感じたら、整形外科などの病院を受診してください。

当院の施術方法|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

上尾市のゼロスポ鍼灸・整骨院グループにいらっしゃる方は、たいてい骨のゆがみがあります。骨盤・腰椎・背骨などの骨が、本来の均等なバランスを欠いています。

骨のゆがみを正すことで、ぎっくり腰もよくなるというのが当院の考え方です。

人間の身体は、日々の生活の中で、その人の身体の使い方のクセにより、バランスを崩してしまいます。

生まれつき骨の異常で歪んでいるケースもありますが、たいていは姿勢の悪さが原因です。姿勢が悪いと、腰に余分な力がかかり、筋肉が硬直してしまいます。

硬くなった筋肉を伸ばそうとして、なにかのきっかけで筋肉がギクッと断裂を起こし、ひどい痛みを引き起こすのです。

当院の治療では、ぎっくり腰になったときの状況をうかがって、当院に来るちょっと前の出来事ならば冷やして(アイシング)、炎症をしずめ、筋肉の緊張を除く施術をします。

ぎっくり腰になってから時間が経って来院された場合には、硬直した筋肉をマッサージして、患部の血液循環がよくなるようにしていきます。

当院では、一度だけのぎっくり腰の施術ではなく、最終的に再発しにくい身体作りをしていくことが目標です。

ですから、アイシングやマッサージをして、身体が動かせるようになってきたら、骨盤や骨格の矯正をして、その人が本来持っている身体のバランスを整えるのです。

あなたがもともと持っている自然治癒力を引き出しましょう。

ぎっくり腰が再発しにくい身体作りのお手伝いは、当院にお任せください。

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分