診療時間

ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • クシャミをしたり、笑ったりしただけでお腹が痛い
  • 片足がしびれるようになって歩きづらい
  • 吐き気・腹痛・胸やけに悩まされている
  • 病院に行っても、加齢によるものだからシップや痛み止めしか処方できないと言われた
  • レントゲン検査をしても異常は見られないというが、とても腰が痛い

ヘルニアとは?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

「ヘルニア」の定義は、内ヘルニアと外ヘルニアに大別され、組織や臓器の一部分が飛び出している状態のことです。

ヘルニアといえば、「椎間板ヘルニア」を思い浮かべる人が多いかも知れませんね。

なにを隠そう、ヘルニアで最も多いものが椎間板に起こるケースで、首で起これば「頸部椎間板ヘルニア」、胸なら「胸椎椎間板ヘルニア」、腰なら「腰部椎間板ヘルニア」です。

  • ・内ヘルニア:内臓が身体のくぼみや腸間膜に入り込んだ状態のことです。椎間板ヘルニア・食道裂孔ヘルニア・腸間膜裂孔ヘルニアなどがあります。

  • ・外ヘルニア:臓器の一部分が腹部の外側に飛び出てしまった状態のことです。いわゆる脱腸と呼ばれる「鼠経(そけい)ヘルニア」・「大腿ヘルニア」・「腹壁瘢痕(はんこん)ヘルニア」などがあります。

椎間板ヘルニアの原因とは?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

一番ポピュラーな椎間板ヘルニアですが、そもそも椎間板とは、椎骨(背骨に連なっている骨)同士の間に入ってクッションの役目をしています。

この椎間板が変形して飛び出してしまうと、すぐ近くにある神経を圧迫して痛みが走ります。

今までは、遺伝的な原因や、主に加齢現象によるものが多かったのですが、最近若い人たちの間でも椎間板ヘルニアに罹患する人が多くなってきました。

椎間板の老化現象は10歳頃から始まるといわれますが、背骨の周囲の筋肉のおかげで、椎間板が飛び出さないように支えられているのです。

近年若年層で増加しているのは、姿勢の悪い人や骨格にゆがみがある人が多くなっているからです。

姿勢が悪かったり身体にゆがみがあったりすることで、筋肉に余計な負担がかかり、硬くなって椎間板を支える力が弱まります。

結果的に頸部・胸部・腰部の椎間板にヘルニアが起きてしまうというわけです。

椎間板ヘルニアを放置すると?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

頸部・胸部・腰部のうち、姿勢の悪さなどで負担がかかりやすいのは首と腰です。

ですから、頸椎と腰椎のヘルニアが多くなります。

ヘルニアによって周囲の神経が刺激されますので、頸椎なら肩こり・背中の痛み・脱力感・腕がだるいなどの症状が出てきます。

放置しておくと、足まで痛くなったり、足がしびれたりすることもありますから軽視すべきではありません。

腰椎のヘルニアの場合は、片足に症状が出るケースが多いですが、放置しておくと両足に広がり、麻痺して歩けなくなったり、膀胱まで障害されて排尿に不自由を来たしたりすることもあるのです。

症状が進行してしまうと、手術を選択することになりますが、また繰り返すことも多く、再発するたびに治療がどんどん難しくなっていきます。

手の施しようがなくなる前に、生活の質を維持するため、身体のバランスから整えていきましょう。

当院の施術方法|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

椎間板ヘルニアの主な原因は、骨格のバランスの悪さ(ゆがみ)と姿勢の悪さです。

姿勢が悪いことで筋肉疲労が起こるのですね。

そういうわけで、上尾市のゼロスポ鍼灸・整骨院グループの椎間板ヘルニアの治療の第一歩は、筋肉のこりをほぐすところからスタートします。

筋肉をゆるめ、痛みをほぐし、全身のゆがみを矯正していきます。

当院のオリジナルの施術である「ゼロ整体」では、インナーマッスルを鍛えます。

骨盤の位置や骨格を整え、今までかかっていた負担をゼロにして、筋肉バランスを最高の状態に導きます。

この施術によって姿勢の正しさが得られ、いつの間にかヘルニアになりにくい身体作りができてしまうのです。

ヘルニアに悩んでいるあなた、一度、上尾市のゼロスポ鍼灸・整骨院グループにご相談ください。

当院の技術によって、痛みから解放された元気な身体を取り戻すことができるようになるでしょう。

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分