診療時間

過敏性腸症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 緊張したりストレスを感じたりする場面では、必ずお腹が痛くなる
  • 乗り物に乗っているときなど、お腹が急に痛くなって、あわててトイレを探すことがよくある
  • 「過敏性腸症候群」と診断され、処方された薬を飲んでもよくならない

過敏性腸症候群とは?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

胃腸に腫瘍があったり炎症が起きていたりするわけではないのに、「便秘」「下痢」「腹痛」「腹部の違和感や不快感」などが慢性化している状態が、「過敏性腸症候群」です。

過敏性腸症候群では、症状がよくなったり悪くなったりするのに伴って、便の状態(形状や軟度)、排便回数が変化します。

20代や30代の若者に多く見られ、過敏性腸症候群の症状によって、仕事を頑張ったり趣味を楽しんだりできなくなってしまう厄介な病気です。

食べたり飲んだりした後に症状が出やすく、緊張したりストレスを強く感じる場面で悪化するので、日常生活に制限が出てしまいますね。

さらには、放置することで、将来的に「がん」になりやすいともいわれているのです。

ストレスを感じると胃腸に負担がかかるのは、自律神経が関係しています。

脳と腸は相関関係があり、腸は第2の脳ともいわれているくらいです。

ストレスによって自律神経のはたらきが悪くなると、消化器系に障害が起きます。

脳の機能はストレスによって左右されることが大きいので、自律神経の乱れによって引き起こされる過敏性腸症候群は、薬で治すのが難しいです。

内科・心療内科での過敏性腸症候群の対処法|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

過敏性腸症候群は、整腸剤や下痢止めなどの対症療法や、食事の指導をするのが一般的です。

また、心療内科などで、ストレス緩和のためのカウンセリングをしたりします。

しかし、このような方法では、なかなか改善しないのが本当のところです。

それならば、過敏性腸症候群を解決するには、いったいどうしたらよいのでしょうか?

当院の過敏性腸症候群の施術方法|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

過敏性腸症候群の改善をするには、大別して3つのポイントがあります。

  • ひとつ目は、自律神経のバランスを改善すること。
  • ふたつ目は、内臓の働きを改善すること。
  • みっつ目は、食生活の改善をすること。

自律神経のはたらきを正常化することは、脳の疲労回復と言い換えることができます。

脳の疲れを取って癒やすことで、内蔵機能も正常化します。

このような考え方に基づき、当院では、骨盤矯正や整体の施術を行います。

まずは、骨盤や背骨のバランスを改善し、自律神経のはたらきをよくします。

次に、頭蓋骨の調整を施します。

頭蓋骨を調整することで、脳の栄養分となっている脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れをよくし、新しく生産されるようにはたらきかけます。

頭蓋骨の調整と聞くと、ちょっと抵抗がある人もいらっしゃるかも知れませんが、当院の独自の施術方法なら、身体への負担を最小限にしながら矯正することが可能です。

さらには、あなたが無意識で姿勢が悪くなっていたりすることや、正しい生活習慣を送るためのアドバイスもします。

生活習慣を改善すると一口に言っても、みなさん仕事や家庭の事情で、なかなか思うように行かない部分があるでしょう。

そのような場合でも、ひとりひとりに寄りそって、改善策を考えてアドバイスしていきますので、過敏性腸症候群でお悩みの方は、ぜひ一度当院に足をお運びくださいませ。

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分