診療時間

起立性調節障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きるのが非常に辛い
  • 起されたことの記憶がない
  • 立ち上がる際にめまいを起こしがちである
  • 長時間立ったままだと、気持ち悪くなることがある
  • 検査をしたが異常が認められず、医師からもデリカシーのないことを言われ途方に暮れている。

一般的な起立性調節障害の原因|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

自律神経が乱れることにより血圧が正常より低いことが原因となって起こります。このため、本来行き渡るべき血液が全身へ届かないために辛い症状が起こると言われています。

もっとも多くみられる年代が思春期である10代です。就寝時に働いている副交感神経と起きている活動時に働く交感神経の切り替えがスムーズに行われず、目覚めが悪いと言った症状や、めまい、頭痛、動悸などと言った不調が起こります。

多くの場合朝に症状が強く出るのが特徴で、本当は学校に行きたい気持ちはあるけれど、どうしてもめまいや頭痛などにより、休んでしまうという流れになりがちです。

側から見ると、怠けているように思われるような症状ですが、実は自律神経の乱れによるもので自分ではどうしようもないことだと言えます。

一般的な「起立性調節障害」の対処法は?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

多くの病院では、

  • ・漢方薬や血圧を調整する薬を出される
  • ・カウンセリングを受ける

と言った対処をなされます。

当然、これらの処置により辛かった症状が改善されたというパターンも少なくはありません。

とは言え、

  • ・病院で検査してもらったけれど、結局異常が認められず不定愁訴の診断を受けた

  • ・頑張って通院しているが治る気配がない

と悩みを抱え続ける人も多くみられます。

これらの悩みを解決し、起立性調節障害の改善を目指すためにはどうしたら良いのでしょうか。

当院の起立性調節障害の施術方法|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

自律神経の不調に関係しているのは、ストレスが過剰にかかった状態である筋肉の過緊張と、生活習慣の乱れが起こす体の歪みであると言われています。これら二つの状態を正常なポジションに戻すことが大切だと考えられるのです。

1.過緊張する筋肉

過剰なストレスが身体に対して長い時間働くと、同時に交感神経が必要以上に働いているという状態になります。このため筋肉は過緊張と呼ばれる状態になってしまいます。

過緊張が続くことで、ますます交感神経が刺激されることに繋がり、結果的に自律神経のバランスが乱れることになります。特に、首の周りには自律神経節と呼ばれる部分があり、首回りの筋肉が過緊張となると、より自律神経のバランスが乱れる傾向にあります。

2.身体のゆがみを整える

起立性調節障害においてキーポイントとなる自律神経が多く通っているのが、頚椎(首の骨)〜背骨・骨盤にかけてです。

骨盤に歪みがあることは、自律神経の伝達にも影響し、バランスを崩すことに繋がり、起立性調節障害を引き起こすきっかけとなります。

さらに、筋肉が緊張することで体全体のバランスが悪くなり、特定の部位にストレスがかかり、血行不良なども起こしてしまいます。そのため、関節や骨格が歪む原因にもなります。

加えて、生活週間の乱れが、筋肉や骨の低下をも導いてしまうのです。

これらを踏まえると、身体のどの部分が披露しているのかをしっかりと理解し、身体の歪みを整えることが大切だと言えます。

3,セルフケア

健康的な身体を作るためには、自宅でのセルフケアや生活改善も大切です。

いくら筋肉の過緊張がほぐされ、身体の歪みが整ったとしても、そこまで至らせてしまった生活習慣が整わなければ、また同じ状態のループへと陥ってしまいます。

当院では、根本的な骨格の歪み調整などに加えて、生活習慣を整えるためのアドバイスも踏まえて起立性調節障害を改善へと導いていきます。

 

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分