診療時間

野球肘・野球肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩が腫れているし、痛みもあるためうまく投げられなくなった
  • 肩を上げると引っかかりを感じ、それ以上なかなかスムーズに上がらない
  • あまりにも痛く、夜も目がさめるほどだ
  • 球を投げた後、肩が抜けるような感覚がある
  • 野球肩の悪化により、運動をストップさせられている

野球肘・野球肩の原因とは?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

投球動作によって、肘に強いストレスがかかり、それを繰り返すことによって、靭帯や腱、軟骨に損傷が起こることを野球肘と言います。

また、同じような症状が肩にも起こり、腕を大きく振るスポーツで起こりえるのが野球肩です。

野球だけではなく、テニスやバレーボールなどでも起こる可能性があります。

大抵の整形外科では、これらの症状が起こる原因を、肩や肘そのものにあると捉えています。

しかし、ゼロスポ鍼灸・整骨院グループでは、こういった診断はいたしません。

なぜなら、これらの症状で悩む患者様の身体を診断すると、多くの場合が普段の生活から姿勢のバランスが悪いため、投球時においても肩や肘にストレスをかけていることが見えてくるからです。

多くのスポーツにおいて、投球などの様々なフォームは腕や肩だけではなく、全身を使うのが正しいフォームと言えます。

主に、下半身に柔軟性があれば身体無理をすることがなくなり、肩や肘に力がスムーズに伝達し、過度なストレスがかかることがありません。

しかし、柔軟性のない身体で、筋肉の使い方が偏ると、肘や肩にストレスがかかり炎症が起こってしまうというわけです。

野球肘・野球肩を放置すると?|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

とは言え、肘や肩が痛くても、どんなに違和感があっても、結局十分な安静を取らずに野球を続けてしまう人も多く見られます。

特に、プロを目指して頑張っている成長期のお子様は無理をしがちな傾向にあります。

しかし、肘や肩の構造は非常に複雑で、放置しておいたからといって自然に治ることはまずありません。

それどころか、放置することで変形性肘関節症や腱板損傷などといった、軟骨がすり減り、腱が敗破れるといったひどい症状になる可能性もあります。

そうなると、野球だけではなく日頃の生活にも支障をきたし、結果的には後遺症を一生抱えるといったことも起こりえるのです。

当院の野球肘・野球肩に対する施術方法|あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院

ゼロスポ鍼灸・整骨院グループでは、患者様それぞれの症状を把握し、姿勢バランスや筋肉のつき方などを、ヒアリングと触診の両側から正確に確認いたします。

その上で、それぞれに合った治療法をご提案していきます。

野球肘や野球肩が起こる原因は、体幹が弱く筋肉の柔軟性もかけているため、肩周りや肘周辺の骨や軟骨、靭帯、腱などに負荷がかかることで、肘や肩にも負担がかかることにあります。

そのため、筋肉や関節、骨格、骨盤のバランスを整えていきながら、根本治療を行なっていきます。

体感が整いしっかりしてくると、筋肉のつき方がよくなります。

そうすることで、しっかりと骨格を支えられるようになり、肘や肩にも過度な力がかからなくなるのです。

肘や肩に痛みや痺れを感じているときは放って置かないで、一刻も早く当院へご来院ください。

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分