診療時間

スタッフブログ

前十字靭帯損傷について(上尾市愛宕)

前十字靭帯損傷について(上尾市愛宕)

こんにちは。上尾市上尾運動公園前鍼灸整骨院です。

前十字靭帯損傷 バスケットボールやバレーボール等のスポーツでジャンプした後の着地、走っていて急に方向を変えようとした時に前十字靭帯は損傷をしやすいです。

半月板損傷は40〜60%合併します。受傷した際、激痛や「プツ」という断裂音があり、数時間以内に関節が腫脹、関節内に血腫を認めます。靭帯を損傷したまま放置しておくと関節軟骨が傷つき、変形性膝関節症に発展します。次に検査方法をご説明します。

・前方引き出しテスト・・・両手で脛骨近位部を前方へ引く

・ラックマンテスト・・・大腿遠位部と脛骨近位部は把持して脛骨近位部を前方に引く この2つのテスト方法は前十字靭帯が損傷している場合脛骨が前方へ引き出されます。

・軸移動テスト・・・膝を曲げた状態から伸ばした際に膝に外側、下腿に内側にストレスを加えるテストです。

前十字靭帯が損傷をしていると20゚曲げた所で脛骨の外側の関節面がガクッと亜脱臼を起こし不安定感や疼痛を訴えるテスト方法です。 また画像診断ではレントゲンは正常、MRIでは靭帯の部分が膨らみ、半月板断裂、軟骨の出血、浮腫が診られます。 最後に治療方法をご説明します。 スポーツを望まない中高年者には、装具装着や筋力増強を中心とした保存療法です。 スポーツを望む若年者は再建手術を選択します。今では、負担が少ない鏡視下での再建手術になっています。手術後は靭帯に負荷がかからないように気をつけながら可動域改善、筋力増強訓練を行います。術後6ヶ月〜1年でスポーツ復帰出来ます。

 

お問い合わせ

  • あげお運動公園前鍼灸・整骨院/整体院
  • LINE

診療時間

住所
〒362-0034
埼玉県上尾市愛宕2-19-19
[運動公園通り上尾運動公園前]
アクセス
上尾駅から徒歩13分
上尾運動公園前バス停から徒歩1分